【設計料はどのように決まる?】3つの要素で決まります

家を建てるには、家そのものを建てる「建築工事費」と、建物を図面に表すための「設計料」が必要となってきます。その 設計料 は一体どのようにして決まるのかご存じですか?

 建築面積・構造・用途によって決まります

・建築面積
・構造(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
・用途(住宅か、店舗などとの併用住宅なのか)
によって決まります。

建築面積は最初から確定しているものでもないので、最初は目標としている面積から算出して、基本計画が確定した時点で設計料が確定します。その際にプランや立地条件から構造の形態もご提案します。
(回答/キューブ建築研究所 一級建築士 橋本雅史)
Q&A一覧にもどる

キューブ建築研究所では、心を豊かにする建築をお客様と一緒につくります

新築住宅から、リノベーション、店舗まで。一級建築士が直接お話をお伺いします(相談無料)。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

当事務所に直接お越しいただいても大丈夫です。ご希望があればこちらからお伺いします。これまでに設計した建物の写真や模型等を実際に見ていただきながら、当事務所の設計の進め方(費用・期間等)をご説明いたします。


 初めての家づくりに関する記事

【注文住宅】設計事務所の決め方・比較ポイントとは?

どの会社にマイホームの建築をお願いしようか、何社か比較して検討している段階の時、どういうところに気を付ければいいのでしょうか。どの会社にマイホームの建築をお願いしようか、何社か比較して検討する方が殆どだと思います。「押し付けない」「他社の内容には言及しない」そんな会社がよろしいかと思います。

続きを読む
 家づくりとお金に関する記事