ユニットバスだけじゃない?理想のお風呂づくり「在来工法」とは?

「お風呂=ユニットバス」というイメージを持っている方も多くいらっしゃるかもしれません。ですがキューブ建築研究所は、浴槽や仕上げ材も自分で選んだもので作ることができる” 在来工法 “の「作ったお風呂」が好みです。今回は、ユニットバスと在来工法の違い、お客様に合ったお風呂づくりの選び方についてご紹介いたします。

 (1) お風呂の工法は3種類

お風呂の作り方には「ユニットバス」と「在来工法」、両方の工法を取り入れた「ハーフユニットバス」の3種類があります。

  そもそも「ユニットバス」とは?

ユニットバスとは、あらかじめ浴室の「壁・床・天井・浴槽」といったパーツがセットになって製造された浴室のことを指します。システムバスも同様の意味です。施工現場で組み立てるだけなので効率的に作業ができ、いろんな業種が入らないため、工期を短くできます。コストにはかなり幅があり、在来工法よりも安いものもあれば、高いものもあります。現在はこのユニットバスが主流となりつつあります。

★こんな方にオススメ
・短期間で浴室を作りたい方

  「在来工法」とは?

在来工法は、壁や床の防水性を考慮しながら、モルタル(※1)とタイルで仕上げる方法です。かつてはこの工法が主流でした。ユニットバスの場合は、浴室全体が出来上がった商品となっているため、全体の大きさや素材がすでに決まっていますが、在来工法なら、スペースに合わせて自由にこだわりのある浴室を作ることができます。

※1 モルタル…砂とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料。コンクリートとは異なり、砂利が含まれていません。

★こんな方にオススメ
・こだわりのある浴室を作りたい方

  「ハーフユニットバス」とは?

浴室を2階に設置する場合、在来工法はユニットバスと比べ防水機能が劣ります。そのため「ハーフユニット」と言って、浴槽から下をユニットバスにしたものを使用します。防水性が大切な「バスタブ・洗い場・壁の下部分」はセットになっており、バスルームの上半分「壁の上部分・天井」以外のデザインについては自由に組み合わせることが可能です。

★こんな方にオススメ
・浴室を2階に新設したい方

 (2) 理想のお風呂づくり、気を付けるポイントは?

工法の他にも、気を付けたいポイントが「窓」と「広さ」と「掃除のしやすさ」です。新築の場合はリフォームと違って好きなようにカスタマイズできるため、広くし過ぎて毎日の掃除が大変になったりしてしまいがちです。

① 窓
「断熱・気密性」を優先させるか、窓をつけて「換気性能」を向上させるか、十分ご家族と話し合って決めてください。窓がない場合でも、浴室エアコンによって乾燥させることも可能です。

② 広 さ
新築の場合は、リフォームと違って好きな広さにできるため、広さの決め方で失敗することがあります。毎日の掃除や、湿気のことも考えながら広さを決めていきましょう。

③ 掃除のしやすさ
カビが生えにくい、掃除がしやすい壁・浴槽にする。設置不要なオプションは付けず、シンプルな設計にしておきましょう。

いかがでしたでしょうか。お客様に合った作り方を選ぶ参考になれば幸いです。この他にもお風呂に関する記事がございますので、ぜひ併せてご覧ください。

(回答/キューブ建築研究所)
FAQ 一覧にもどる

■ 関連記事

キューブ建築研究所では、心を豊かにする建築をお客様と一緒につくります

新築住宅から、リノベーション、店舗まで。一級建築士が直接お話をお伺いします(相談無料)。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

当事務所に直接お越しいただいても大丈夫です。ご希望があればこちらからお伺いします。これまでに設計した建物の写真や模型等を実際に見ていただきながら、当事務所の設計の進め方(費用・期間等)をご説明いたします。


 マイホームに関する記事
 家づくりとお金に関する記事