以外と早いキッチンの耐用年数|長持ちするキッチンの作り方とは?|オーダーキッチンがおすすめの理由

食洗器だけ故障してしまった!などキッチンは何かと更新が早いものです。今回はキッチンの 耐用年数 と、長持ちするキッチンの作り方についてお話します。

 (1) キッチンの耐用年数

使用頻度にもよりますが【約10~20年】が過ぎたらリフォームを検討する時期といえます。キッチンだけ10年後に入れ替えたり、食洗器だけ故障したりと更新も早いものです。耐用年数を過ぎたキッチンの場合、下記のような不具合やトラブルが見られたら、リフォームを検討してみてください。

・蛇口やシンク下からの水漏れ
・排水に関するトラブル
 油が排水にこびりつくケースが多いようです(定期的な掃除が有効です)

他にも「見た目が古っぽいのが気になってきた」など、食洗器、コンロ、蛇口などは特に消耗品と割り切ってくださいね。キッチンを入れ替える際は、排水の位置も変わる場合があるのでそちらも注意が必要です。

 (2) 「いいもの」を「長く使える」設計に

私たちはいつも「いいものを長く使おう」と設計の時に考えています。個人的な見解になりますが、国産メーカーは掃除がし辛い気がします。

長く使える設計 = メンテナンスが簡単であること = 掃除のしやすさ

という公式が私たちには成立しているので、必然的に国産メーカーから出しているシステムキッチン(※1)は使いません。

※1 システムキッチン・・・流し台・ガスコンロやIHコンロ・調理台・キッチン収納などがワークトップと呼ばれる天板で繋がっており、全てがひと続きになっているもの。

 (3) オーダーキッチンがおすすめの理由

ではどんなキッチンにするかというと、キッチン屋さんのオーダー品だったり、家具屋さんで作ってもらったり、コストが厳しい場合は大工さんに作ってもらったりしています。家具屋さんや大工さんに作ってもらうと、かゆいところにも手が届くし「あと2cm高かったら胡椒が入るのに…」というようなもどかしさもありません。設計には時間と知識と使う方とのコミュニケーションが必要です。

オーダーする楽しみは想像力を掻き立ててくれます。キッチンの天板はステンレスから人工大理石、天然の石と自由に選択することができます。併せて扉の材質や開き扉にするか、引出型にすかなど、日ごろの「こうだったら使い易い」を解決してくれます。是非とも検討してみてください。
(回答/キューブ建築研究所 橋本雅史)
FAQ 一覧にもどる

■ 関連記事

キューブ建築研究所では、心を豊かにする建築をお客様と一緒につくります

新築住宅から、リノベーション、店舗まで。一級建築士が直接お話をお伺いします(相談無料)。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

当事務所に直接お越しいただいても大丈夫です。ご希望があればこちらからお伺いします。これまでに設計した建物の写真や模型等を実際に見ていただきながら、当事務所の設計の進め方(費用・期間等)をご説明いたします。


 水まわりに関する記事

お風呂に窓は必要?メリット・デメリット・防犯対策について

お風呂に 窓 をつけると、プライバシーや防犯対策が心配…など「本当に窓は必要?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はお風呂の窓のメリット・デメリット、防犯対策などについてご紹介いたします。風通しをよくすることで耐用年数にも大きく差がでます。お風呂に限らず通風は必須ですね。

続きを読む

お風呂の寿命・耐久年数は?リフォームを見極めるポイント

ずっと「建てた当時のまま」というのは不可能ではありませんが、そう滅多にないことです。お風呂は毎日使う場所ですから、老朽化は避けられないもの。今回は「 お風呂の寿命 ・耐久年数」「リフォーム時期を見極めるポイント」についてご紹介します。掃除をしにくいとついつい億劫になって放置しがちです。

続きを読む

ユニットバスだけじゃない?理想のお風呂づくり「在来工法」とは?

「お風呂=ユニットバス」というイメージを持っている方も多くいらっしゃるかもしれません。ですがキューブ建築研究所は、浴槽や仕上げ材も自分で選んだもので作ることができる” 在来工法 “の「作ったお風呂」が好みです。今回は、ユニットバスと在来工法の違い、お客様に合ったお風呂づくりの選び方についてご紹介いたします。

続きを読む
 家づくりとお金に関する記事