使いやすい洗面所とは?脱衣・洗濯・洗面の組み合わせのヒント

洗面・脱衣・洗濯は家事動線も含めて使いやすい空間にしたいですよね。今回は、キューブ建築研究所が考える 洗面所 のアイデア、組み合わせのヒントなどをお話いたします。

 (1) 洗面・脱衣・洗濯、組み合わせの考え方

洗面所は洗面・脱衣・洗濯をどのように組み合わせるか、考えどころです。洗面を1日のうちのいつ行うかによっても変わってきますので、「どう生活したいか?」によって組み合わせを見直す必要があります。女性の方で、お化粧も洗面で行いたい方、洗濯物専用の流しが必要な方、それが可能かは別として今の暮らしを見つめてみてください。

 (2) あえて洗面所に洗面を置かない!?

私たちは洗面を洗面所から追い出して、廊下や通路のようなところに配置することも良くあります。洗面コーナーと考えれば少し開いた空間で気持ちがいいです。

施工事例 船尾の家

 (3)「トイレ+洗面」の組み合わせ方

トイレも同じことが言えます。

①トイレ単体 ②トイレ+洗面 ③トイレ+脱衣 など

この組み合わせなら大丈夫というのが案外出て来たりします。ちなみに、トイレ・洗面とも水がはねて床にこぼれるので、塩ビのシートをよく用いがちです。なんか味気ない気がする、という人はあえてコンクリートの床にして、藤などの敷物をするとか工夫しがいのあるところです。

 (4) 洗面器を2つ設置する

手洗い器も汚れた洗濯物を浸して洗うことを兼用すると大きいのにこしたことはありません。私たちは洗濯物用の流しと、洗面器を分離して設置したりします。洗濯物用の流しは深く、花瓶やバケツもすっぽりと納まるためかなり便利です。

施工事例 小倉の家
施工事例 小倉の家
施工事例 朝日の家Ⅰ

 (5) 蛇口は海外製品

蛇口はよく海外製品を使用します。若干割高ですが、日本の水道製品に適合しているので設置には問題ありません。お湯と水の切り替えとか少しのひねり方とか「カチッと感」がたまらなく好きです。

洗面や脱衣の近くには替えタオルや下着の収納するスペースも必要ですね。よくよく考えると、この水まわりというのは、機能の充実+動線も大事なのが見えてきます。市販の洗面ユニットは痒いところに手が届くような機能満載ですが、ごちゃごちゃしていて掃除が大変なのと、やっぱりイケてないので僕は使いませんが・・・。

いかがでしたでしょうか。お客様の快適な空間づくりのヒントになれば幸いです。この他にも、キューブ建築研究所ではお客様のご要望に合ったデザインをお客様と一緒に考えています。どうぞお気軽にご相談ください。
FAQ 一覧にもどる

■ 関連記事

キューブ建築研究所では、心を豊かにする建築をお客様と一緒につくります

新築住宅から、リノベーション、店舗まで。一級建築士が直接お話をお伺いします(相談無料)。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

当事務所に直接お越しいただいても大丈夫です。ご希望があればこちらからお伺いします。これまでに設計した建物の写真や模型等を実際に見ていただきながら、当事務所の設計の進め方(費用・期間等)をご説明いたします。


 水まわりに関する記事

理想の住まいづくりチェックリスト③【玄関・水まわり編】

設計はプロにお任せしますが、完成した家に住むのはお客様自身。予算や条件により全ての要望を叶えることは難しいかもしれませんが、設計者にしっかりと要望を伝えられるよう チェックリスト を使ってまずはご家族で新しい住まいづくりについて話し合ってみませんか。LDK編に続き、今回は「玄関・水回り編」です。

続きを読む

以外と早いキッチンの耐用年数|長持ちするキッチンの作り方とは?|オーダーキッチンがおすすめの理由

使用頻度にもよりますが【約10~20年】が過ぎたらリフォームを検討する時期といえます。キッチンだけ10年後に入れ替えたり、食洗器だけ故障したりと更新も早いものです。 耐用年数 を過ぎたキッチンの場合、下記のような不具合やトラブルが見られたら、リフォームを検討してみてください。

続きを読む

【お風呂のリフォーム】床・壁・天井の仕上げ材6種類|内装材とは?

浴室は毎日使うものですから、内装材も好みのものを選んで、お気に入りの空間にしたいものですよね。今回は、お風呂の内装 仕上げ材 についてお話いたします。まず始めに「内装材」とは、建物の内外装に使用される表面材料のことを指します。床・壁・天井を覆う素材の総称のことです。内装材には「仕上げ材」と「下地材」の2種類があります。

続きを読む
 家づくりとお金に関する記事

【家づくりのお金】具体的な計算例をご紹介

初めての家づくり、何に一体どれくらいお金が掛かるのか…不安な方も多いかと思います。 家づくりのお金 は、カタログや広告に掲載されている坪単価だけでは済みません。まずは、どんな費用が掛かるのかを把握するところから始めてみましょう。あくまで目安ですが、ご参考までに具体的な計算例をご紹介します。

続きを読む

マイホーム予算の相場はどれくらい?

家づくりがしたい、と思ったら予算の準備も必要になってきます。 予算 は一体どれくらいを想定しておけば良いのでしょうか。「工事費×1.3」が新築時の費用と想定すればよろしいかと思います。工事費は「面積(100~130㎡あたり)×22万円」と目標を立てます。

続きを読む

家づくりの費用は2種類!どんな費用がどれくらい掛かる?

費用」と「引っ越してから毎年かかる費用」の2種類があります。今回は 家づくりの費用 についてご紹介いたします。新築時(購入時)にかかる費用 (01) 本体工事費 … 家そのものを建てる本体工事費。家づくりの総費用のおよそ75% (02) 別途工事費 … 外構工事費・給水の引き込み工事費など

続きを読む